お葬式は宗派を確認

お葬式準備の際に最も重要だと言えるのが、故人の信仰や宗派を確認した上でお葬式の準備を行うことです。遺族が知らなかっただけで特定の宗教を信仰していたというケースも実は多く、故人の意志に反したお葬式をしたとして、故人の知人から責められるというケースも少なくありません。故人はどのような宗教信仰を持っているのかをしっかりと確認した上で、どのようなお葬式を行うべきか考えるように心がけましょう。

特に無宗教の場合は一般的に日本において、仏教式のお葬式が執り行なわれます。お寺の住職さんや僧侶に導師をお願いするタイプの式で、お寺での埋葬などを行うタイプになるでしょう。これは同じ仏教でも宗派によってお葬式の行われ方等が全く異なる場合もあるため、故人が仏教徒だった場合は、どの宗派なのかを確認することが大切です。

また近年多いのが、キリスト教の宗派です。故人がキリスト教徒だと知らずに仏教式のお葬式を執り行なってしまう事が無いように注意が必要です。キリスト教徒の場合も仏教式と同じように、プロテスタントやカトリックなどで宗派による違いがあるため、故人がどの宗派だったのかを確認した上で、お葬式内容を決めていくことが重要です。