お葬式前の安置場所

故人が亡くなった後、一番先に考えないといけないのが遺体を安置する安置場所です。お葬式の日取りやお葬式の会場がどこなのかを踏まえた上で遺体の安置所を決める必要がありますが、何も考えずに引き取ってしまうと大変なことになります。自宅に引き取るという際には、季節や自宅のスペースなどを考慮した上で決めるようにしましょう。

自宅を安置場所として選ぶ場合に一番考えないといけないのは、周囲環境です。賃貸物件など、住宅事情の関係で自宅を安置場所として使えない場合も多いため、スペースの部分以外にも、安置所として利用が可能かどうかをきちんと考えておきましょう。自宅に安置する場合は、ある程度ゆっくりお葬式の準備を執り行えると共に、安置費用がかからない事もあり、その分をお葬式に回せるという点が利点です。

自宅での安置が難しいと言う場合は、斎場や葬儀社の霊安室に運ばれることも多いでしょう。病院で亡くなった後にそのままこうした安置所に運ばれる方も多いですが、この場合はその時点である程度式のプランなども決めておかないといけないため、バタバタとしてしまう可能性はあります。しかし、その分故人を丁寧に安置してもらえる点はメリットです。