お葬式の連絡

お葬式の日取りや会場などが決まったら、取り急ぎ参列者に連絡を行います。故人が亡くなった連絡をこのタイミングでする方も多いですが、連絡をする際には取り急ぎ、親族から始まり、会社の方、親しかった友人など、近しい関係の方、出来るだけ早く知らせた方が良い方を優先的に連絡するようにしましょう。特に会社関連の方など、仕事に関係する方の場合は、会社側に迷惑がかかる可能性もあるため、電話などで出来るだけ早めに連絡することが大切です。

参列者へお知らせをする際には基本電話連絡が主流ですが、そこまで関係性が近くない方の場合は、訃報はがきによるお知らせなどでも構いません。あまりにもお葬式の日取りが近いという場合はおすすめできませんが、ある程度お葬式の日取りがある、家がそこまで離れている訳ではないという場合は、はがきや電報などでも良いでしょう。もちろんケースバイケースであるため、それぞれの状況を考えた上で連絡をすることが大切です。

連絡をする際には出来るだけ簡潔に、分かりやすく事柄を述べましょう。つい慌ててしまいがちであるため、式の日取りや会場などは忘れずに伝えておき、自分の連絡先なども教えておくことが大切です。